法律で厳格に決められた遺言には普通方式と特別方式があります

相続とは被相続人の財産を継承することですから、被相続人自身が築いた財産の行方については、被相続人が納得にいくように決めることです。
また、それを尊重するのが当然のことです。
遺言とは、被相続人が無くなる前にその最終の意思表示を形にし、死後に実現を図るものです。
しかし人の死後に効力が生じるため、一定の厳格な方式に従わなければなりません。
つまり死人に口なしということで、せっかくの遺言が無効にならないためにも必ず法律で定められた方式によらなければならないとされています。
その方式は普通方式と特別方式があります。
普通方式には一人でいつでも簡単に作成できその内容を秘密にでき、費用も掛からないで何回でも書き直すことができる自筆証書、公証人が作成してくれる方式で不備で無効になることがない公正証書を使用したも、内容が秘密にできる秘密証書があり、特別方式には証人が3人以上で作成する危急時、在船者などに適応の隔絶地遺言があります。
法律の方式に厳格に従うことで被相続人の意思を実現することができます。