公正証書による遺言書

遺産相続は、しばしば残された家族が問題に巻き込まれることがあります。
自身が他界した後で、遺産をどのように分配するかを遺言書という形で予め決めておくことも適策と言えます。
遺言書には、自筆によるものと、公正証書によるものがあります。
自筆によるものは、費用面では有利ですが、法律的な要件を満たさずに無効となることもあります。
一方、公正証書によるものは、費用と手続きの手間はかかりりますが、様々な面で有利になります。
公正証書による遺言書は、自身で書くものではなく、公証役場において公証人に清書してもらうことになります。
そして、公証役場で保管してもらうため、紛失したり、捏造される恐れはありません。
また、法律的に無効になることもありません。
但し、この場合、2人以上の証人(相続人以外)が必要になります。
一般的には、顧問弁護士や行政書士に依頼するケースが多いです。
また、相続財産の金額と相続人数によって、手数料が異なります。
このような制約はあるものの、公正証書による場合は、より確かなものになります。

http://www.bed-tsuhan.com/
快適に眠れる高品質なベッドをベッド通販.comは、激安価格にて購入することができます。

原因不明だけど圧力が低下している
そんな時は修理のプロ羽田コンプレッサーをお呼びください

最新記事

  • 自分の親や配偶者の親が亡くなってしまった時、必ず多くても少なくても親の遺産というのはあります。

    詳細はコチラから!

  • 家族が死亡した場合の遺産相続は、法律(民法)が定める法定相続人が継承することが原則ですが、遺言書が残 …

    詳細はコチラから!

  • 遺言とはご存じの通り、故人が死後のために遺した文章をいいます。
    TVなどである程度の知識なら理 …

    詳細はコチラから!